ジャノのぶどう園、家族の物語


父から子へ、知識・技術の継承

若きカンタンの働きにより、創業以来ぶどう園は着実に成長しコート・ドール県のコート・ド・ボーヌ地区で10ヘクタールを超す畑でブドウを栽培しています。近年、輸出はますます重要になってきていると感じます。そのため、私たちは、ワインの輸出に対しても細心の注意を払っています。今日10か国に輸出しており、世界中のお客様に当ぶどう園の20銘柄に及ぶワインにご好評を頂いております。

ジャノのワインについて知る

Cuves du Domaine Jeannot

ジャノカンタン、情熱を伝える人


Des vins de caractère

2015年カンタン・ジャネットは両親からぶどう畑を受け継ぎワインの輸出やコミュニケーションの考え方に新しい風を吹かせました。しかし、彼は伝統を守っていくことも非常に重要だと考えていました。ワインに対する喜びと愛を胸に、エイジングを促進する手摘みで収穫しているのはそのためです。カンタンは良質なワインを生産するために尽力し、ブルゴーニュのピノノワールの多様さを伝えています。